« セルフ除霊? | トップページ | おうちをホスピスにする »

長崎でいただいたごほうび

長崎に行けたこと自体が20日の「新月のつどい/『地球交響曲第六番』上映会」をやりあげたごほうびだと思っているのですが、その旅の中でもたくさんおまけのごほうびをいただきました。

1.やさしい街
 店員さん、行きかう人、すごくやさしいなぁと思ったのです。ジャッジメントの波動を感じませんでした。県外車がのろのろ運転していたら嫌がられるものですが、全くネガティブなエネルギーを受けませんでした。あったかく見守ってくれている、そんな感じでした。

2.偶然見たテレビ
 朝、目覚めてつけたNHK教育テレビ「こころの時代」。ホスピス医の細井順さんのお話しでした。死んでいく人たちはそのことによりたくさんのプレゼントを残していってくれる。そのことにはっとしました。

3.久しぶりの映画館
 何カ月ぶりかで映画館に行けました。ユナイテッド・シネマで「ハリーポッターと謎のプリンス」。この映画も祈りのチカラが強かったです。それも死者に向けての追悼でした。長崎で見たからかもしれません。

4.行ってみたかったカフェ
 ずいぶん前にタリーズ・コーヒーをこれから広げていくという社長さんの記事を読んだことがありました。その内容がとてもよくて、いつか行ってみたいなぁと思ってたのですが、長崎のアミュプラザで実現しました。ただ、そのときはもうたくさんコーヒーを飲んでいた後だったのでロイヤルミルクティー。次回はじっくりコーヒーを味わいたいです。

次回は9月の東京行き。
それまでにやりあげることもクリアになってます。
(結構たくさん)
無事行けるように、そしてごほうびがたくさん受け取れるように、
毎日楽しく宇宙とつながって、きちんとお役目果たすぞぉ

|

« セルフ除霊? | トップページ | おうちをホスピスにする »

ちょいスピらいふ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セルフ除霊? | トップページ | おうちをホスピスにする »