« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

ゆるやかな流れの一日

昨日は夕方のルーティーンワーク以外、ほぼ一日家で過ごしました。
(ルーティンワークとは母の病院へ行き、買い物をして、娘を迎えにいくという、一連の流れです)

前の日に足の指を痛め、神経にがっつーんと刺激がいったせいか、
何となくからだ全体もだるーい感じがしていました。
たくさん昼寝をしました。夢も見たようですが、思い出せません。

動き回ったお彼岸の後の調整になりました。

一日たってみると、家の中が前の日よりも片付いてました。
「片付けよう」なんて思ったわけではないのですが、
家の中を動き回るうちにちょこちょこやっていたことが、
一日たつと結構な仕事量になっていたわけです。

こんな感じでいいのかも  そう思いました。

ほぼ一日長屋さんのCD、そしてときどきスティング、ポール・サイモンを流していました。

スティングと長屋さんにはチベット、
ポール・サイモンと長屋さんにはブライアン・イーノという共通項があるんだよなぁ、なんて、妙な感じで納得してました。
スティングとポール・サイモンにはあるかしらん?

来年の流れが少しおぼろげに見えてきました。
ネットで会場をチェックしたりもしました。
静かなわくわくを感じています。

今朝も自然に五時に目が覚め、
片付け、洗濯、流れるままにやってます

こんな感じ好きだなぁ

ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてください
愛してます

毎日毎瞬がクリーニングですね

| | コメント (0)

痛みのシンクロ、または共鳴?

今日夕方6時13分ごろ、右足中指を思いっきり痛めてしまいました。

不安定なところに置いていた漬物石が落ちて直撃。幸いなことに30センチくらいの高さだったから大事にならずに済みました。

それでも数分間はもう、ソファーの上でのたうちまわっていました。
必死でホ・オポノポノでクリーニングしていたら、だんだんと気持ちは落ち着いてきたのですが、ずーっと足はジン・ジン・ジン。

そんな中、あぁ、なんでこんな痛みが来たんだろうと考えだしたら、とても懐かしい感じがよみがえったのでした。

1995年9月18日。「愛の黙示録」という映画の試写会に出発する直前、左手の人差し指を車のドアにはさみこみ、思いっきり痛めたことがありました。

あのときの痛みと、そして状況と似ているような。
カオスの中でわけがわからなくなり、ぐるぐる状態だった自分。

あぁ、まだあのときのココロの痛みが残ってるのかなぁ。
もうすぐ10月8日。上映会から14年です。
あのときの痛いメモリーをクリーニング・クリーニング

それにしてもまだジン・ジン・ジン
紫色の指は痛々しいけど、小さな痛みが
実は大きな痛みから守ってくれているようにも感じます

ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてください
ありがとう

| | コメント (0)

星の声をたくさん聞いたお彼岸でした

お彼岸を中心に、見えない世界見える世界、
いろんなところとつながって動き回ってました。
あまりにも濃密な日々だったので、
どう書き始めたらいいのかわからないくらいです。

とりあえず、ざっと流れだけ

18日夜に長屋和哉さんが大分に入り、宿泊先の日出町に出向きました。
19日に護国神社でコンサート、とてもクリアな空間となりました。
このコンサートは御霊の鎮魂でした。

20日夜からは長女と短い旅へでかけました。
四国を夜中走り、21日の夜明けは淡路島で迎えました。
そこから関西へ入りました。
直感に従って京都から滋賀、岐阜、愛知というルートを通り、
三重県四日市に宿泊
翌22日は伊勢神宮の外宮を参拝、
そこから奈良、大阪、神戸と通って再び四国へと渡り、
23日未明に臼杵を通って大分に帰着

23日の朝、長女を宇佐まで送っていきました。
午後は北九州へ行き、長屋さんを宗像大社と香椎神宮にご案内

24、25日は大分市内でミーティングに参加したり、
事務処理や人と会ったりとこなして
26日午後から山口へと向かい、夜に山口市で行われた長屋さんのコンサートに参加
そして本日夜明け前に帰宅

Still crazy after all these years...

15年前のことを思い出しました。
いろんなとこに行きました。
また、あたらしいチャプターが始まっているのでしょうね。

とにかく、こんなに動けるくらいパワー回復したというのが
自分にとっては何よりうれしいことです。
直感もかなりさび落とし進んでいるのだと思います。

この間に感じたこと、気づいたとても大切なこと、
ちょっと時間をかけて文章にしていこうと思ってます。

そうそう、今日は星野道夫さんのお誕生日。
生きていらっしゃったら57歳。

昼間は久しぶりにWOWOWをチェックしたら、
ショーン・ペン監督の「イントゥ・ザ・ワイルド」
アラスカで亡くなった若者の実話からの映画。
あたたかくて切なかったです。

生きるというのは長さではないんだと
教えられたお彼岸でした

この間、私のココロに浮かんできてくれた
あちら側に行っちゃったすべての人たち、本当にありがとう
こちら側で出会った方々、一緒に過ごしてくれた方々、本当にありがとう

このお彼岸はきっと一生忘れないと思います

| | コメント (0)

クリーン、クリーン、クリーン

土曜のコンサートが近づき、連日濃いクリーニング

娘の高校は文化祭ということに触発され、
今朝、突然ぐわぁぁーんと
自分の高校1年のときのメモリーが浮かび上がってきたのでした

すごく孤独な半年を過ごしました。
同じ中学からの友達がクラスにいなくて、
その上クラスは少々荒れていて、慣れるまでしんどかった
妬みもかなり受けてたかも

メモリーのどろどろさに、辟易しながらも
ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてください
あいしてます
  を繰り返しました

クリーニングの過程でこんなことありますね

ようやく机の上をきれいにして、気分すっきりというときに、
引き出しの中のぐちゃぐちゃを見てうっひゃあという感じ

それでもひとつひとつ片付けです

これをクリアしたら、
またコンサート準備のほうも
ひとつ大きくステップアップすることでしょう

| | コメント (0)

時空を超えてつながるということ

一昨日、ふと直感がおりてきました。
「九州各県にごあいさつをしよう」
長屋さんが初めて九州本島で演奏します。
大分以外の県にごあいさつを..というイメージでした。

さて、どうしたものか
私が最初に考えたのは、九州各県のお宮にお参りするということ。
でも、考えているうちにつかれてしまいました。
物理的にものすごいエネルギーを必要とします。

次の直感は昨日の午前中でした
「なーんだ、時空を越えればいいんだ」

それで、各県の神社をお参りしたときのことを思い出しながら、
感謝を送りました。

熊本  阿蘇神社 幣立神宮
宮崎  鵜戸神宮 
鹿児島 霧島神宮
長崎  諏訪神社
福岡  大宰府天満宮 香椎神宮

他の神社にも小さいときに訪れているかもしれませんが、
映像として思い出せるところで十分だと思いました。

佐賀県はまだ神社に参拝したことがないので、
先日鳥栖のアウトレットに行ったときのことを思い出しながら

一度訪れたところとは、いつでもつながれる
「そうだった、忘れていた」
そんな感覚でした

| | コメント (0)

スマナサーラ長老が大分に

スマナサーラ長老が大分に来られます。
2回目だそうです

残念ながら私はこの日、予定があって参加できませんが、
きっと素敵な空間になることでしょう。
お時間ある方、ぜひご参加ください。

今、私が住んでいる明野であるということにもオドロキですが、
これもクリーニングかしら

日本テーラワーダ仏教教会HP
http://www.j-theravada.net/11-jthera.html

-----------------------------
スマナサーラ長老大分講演会

10月 18日 (日), 10:30 ~ 18:00
場所 大分市明野東1-1-1(あけのアクロスタウン 一番街3F)

【内容】せっかく人間に生まれてきたからには~ブッダに学ぶ 無駄を省いて有意義に生きる技 大分にて昨秋に引き続き二回目のスマナサーラ長老の講演会&冥想指導会です。前回の「死」のテーマに対して、今回は「生きる」ことを中心にお話しいただきます。午後の冥想指導のみの参加も可能です。お問合せください。

10:00 受付開始 10:30-12:30 講演(質疑応答) ※参加費 1,000円 14:00-18:00 初心者冥想指導 ※参加費 無料

【お申込み】メールかファクスにてお申し込みください。詳細を返信いたします。 e-mail: myosaiji@oct-net.ne.jp FAX: 097-569-6028 (明西寺)
【主催・お問合せ】明西寺(ご住職 原 淳亮さん) tel: 097-569-6017

| | コメント (0)

「カワイイ!」は「HAWAI’I!」

1週間前に受けたヒューレン博士によるホオポノポノのクラス、
たくさんのクリーニングツールを紹介してくださいました

その中のひとつ、「HAWAI’I(ハワイ)」という言葉ですが、
ジョー・ヴィターリさんの「ハワイの秘法」にも紹介されているとおり、
HAは呼吸、WAIは水、Iはディヴィニティーという意味
だから言霊の作用が強く、クリーニング効果が大きいのですね

そして、クラスのときに気づきました

ちゃんとしたアクセントで読んだ「HAWAI’I(ハワイ)」という言葉、
「カワイイ」と韻を踏んでます!

そっかー
「カワイイ」の中には「HAWAI’I」が入ってるんだ


「カワイイ」、どんどん使います

| | コメント (0)

呪いを解く方法

なぜか今日午前中はWOWOWで放映していた「ブラザーズ・グリム」を見てしまいました。テリー・ギリアム監督のシニカルなダークさが何ともいえません。

「ホオポノポノでクリーニング中の私がなんでこんな映画みてるの~」
と、思いながらも、自分の内面は「これでオッケー!」と叫んでます。

そして見た後に超納得したこと、
「記憶のクリーニングって呪いを解いていってるのと同じなんだ!」

記憶にがんじがらめになってフリーズしてるんですね
だからクリーニングが進むといろんな物事が嘘のように進みだします

今のコンサートの準備もそう
いろいろと壁にぶつかります
でも壁は自分が作っているんだとしっかり自覚して、
進まないときはとにかくクリーニング
そうすると次の一歩が必ず出せます

今日も一歩そしてまた一歩

ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてください
愛してます

魔女の呪いを解くのも真実の愛のキスでありました

今、NHKの「つばさ」があってますが、
こちらも今週のセリフはとっても響くものばかり

そうですよね、すべて自分の鏡なんだから
今日は半日で濃い学びです

| | コメント (0)

おうちホスピス計画

9月11日は父の命日でした。2001年に亡くなったので8年前、ニューヨークのテロが起こった日の午前中でした。肺炎からの多臓器不全でした。

父は1992年ごろから体調を崩し、いろんな医者をまわってようやく1993年の3月にALSの診断がくだりました。それから自力での呼吸ができなくなって入院したのが1994年1月末、そして気管切開して人工呼吸器着用となりました。1996年5月に付き添いもいないときに呼吸器がはずれるという事故があり、低酸素脳症になりました。

2000年夏に、多くの方の協力をいただき、自宅療養へと移りました。

父方の親戚からの理解は得られませんでした。叔父(父の弟)が月に1度くらい寄ってはくれましたが、「(父にとって)かわいそうなことをしている」となじられるような言葉を残して帰ることもありました。その叔父の指示かもしれませんが、他の親戚は全くといって寄りつきません。気の優しい従兄夫婦が一度お見舞いに来てくれたのは、本当にありがたかったです。

父の体調が悪化した8月、叔父にその旨は伝えました。しかし状況は変わらず。そのときには私も気持ちを切り替えて、医療・介護に関わってくださる方々と家族で父にあたたかい空間を提供できればよい、と思うようになっていました。

そして9月10日になり、いよいよ状況が厳しくなったとき、叔父に連絡をしました。父は一晩がんばりました。そして翌11日の午前10時半に心臓が停止しました。

そのすぐ後に父の義兄が訪れました。なんでも叔父からの連絡で、父の死後の段取りを相談するから来るようにと言われたそうです。あぜんとしました。それから熊本のおばが到着し、最後に叔父がきました。


死の迎え方は人それぞれです。
もし可能なら、暖かい心に囲まれた中であの世に送りだしてあげたいです。

父の場合は、家族で最期の世話ができたことが一番でした。まわりがどう見ていたかはわかりませんが、実際その空間がどうだったかを知っているのはそこにいた人たちだけです。寝た切りの父のまわりはいつも平和で穏やかな空気が流れていました。看護師さん、ヘルパーさんの笑顔が絶えませんでした。当時小学2年の娘は一度も会話をしたことがないおじいちゃんが大好きで、ときどきベッドにもぐりこんだりしてました。それでよかったと思ってます。

死後、親戚がやってきてからのごたごたは、まだまだ自分の中で許せてないなぁ、と思い出しながらも、これからは母のためというより、自分のために、家族だけでなく訪れたみんながハッピーになれるような空間ができるようにと願ってます。

自分の中をしっかりクリーニングして、おうちホスピス実現に向けて、いっぱいインスピレーションを受け取りましょう。
そう素直に思った911の夜でした。

ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてください
あいしてます

| | コメント (0)

ホ・オポノポノ セミナーに行ってきました

9月5・6日に東京で行われたホ・オポノポノセミナーに行ってきました。

会場は東京タワーのすぐ近く、東京プリンスホテル。ものすごい数の人で、後から1700名申し込みと聞きました。

うーん、コンサート会場の雰囲気

ホ・オポノポノはハワイの古代からの叡智で、ヒューレン博士が提唱しているのはシンプルな4つの言葉「愛してます ごめんなさい 許してください ありがとう」で記憶をクリーニングしていくというものです。

私は半年ほど前に友人に紹介されて、ジョー・ヴィターリさんの「ハワイの秘法」という本を読み、その後本格的にクリーニングを始め、ブルーソーラーウォーターも作って飲み始めましたのです。

ブルーソーラーウォーターというのは青いびんに水を入れて太陽に30分くらいあてたものです。

結果として言えるのは、私にはとてもぴったりくるやり方だということです。他人に依存しないし、すればするほど直感の恩恵を受け取りますから。

今回、思い切って東京まで行ったこと、これも直感のおかげです。
訪ねたい場所に行けたし、旧友とも会えたし、本当にいい時間でした。
もちろんセミナーを通してとてもたくさんのことがクリアになりました。

家に帰ってみると、娘が自分の部屋を掃除してました。
今日は母の病院へ行っての話し合いがとてもスムーズに行きました。
これもホオポノポノの効果?ありがたいです。

ありがとう
ごめんなさい
許してください
愛してます


| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »