« 火を囲む | トップページ | ノー・ジャッジメント »

神宮暦

先月22日に伊勢神宮の外宮(げくう)に参拝しました。
豊受大神を祀ってある御宮です。

参拝の後お札をいただこうと、販売所のところに行きましたら、
左端になぜか目が行ってしまいました。
それは「神宮暦」でした。

091012_002

よく書店などで販売している「高島暦」は知っていましたが、
「神宮暦」というものは初めて見ました。
見本を見ましたらその内容にびっくり。
来年「平成22年」の毎日の太陽・月の入りと出の時刻、
月齢、潮、他にもいろんな情報がぎっしりと詰まっています。

もちろんすぐ購入しました。
今、月の満ち欠けでイベントを行っています。
自然のリズムをとらえるための貴重なハンドブックとなります。

「神宮暦」によりますと、来年は1月1日から部分月食(全国)があるようです。
月食・日食というのは月・太陽・地球の位置関係で決まりますので、
いわば三角関係?が仲良く横並びになるところから一年が始まるということですね。

暦のこと、星のこと、ますます興味がわいてきそうです。

|

« 火を囲む | トップページ | ノー・ジャッジメント »

ちょいスピらいふ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火を囲む | トップページ | ノー・ジャッジメント »