« 2009年11月 | トップページ | 2010年3月 »

朝のはじまり

母の自宅介護が62日目になりました。

最初の一ケ月は睡眠不足やストレスでへろへろでした。
ようやくリズムができてきたところです。

朝の流れはこんなふうです

毎朝5時ごろにスタートします。
めざましはかけていません。そのころに自然と目が覚めます。
まず、リビングにCDをかけます。ずっとこの数カ月、長屋和哉さんの「光の響き」を流しています。シンギングベルの響きが静かに広がります。一日10回はかけているでしょうか。空間が澄み切っていくように感じています。気持ちが何より落ち着きます。

それからお湯を沸かしながら、歯磨き、舌のクリーニング、洗顔をすませます。白湯を作るため、10分から15分は沸かします。待つ時間があるときはキッチンの片付けやゴミの処理をします。白湯ができたらソファか椅子に座ってゆっくり飲みます。これはアーユルヴェーダの健康法から取り入れたものです。舌のクリーニングもそうです。ここまでだいたい30分くらいです。

お米をといで電気圧力なべにセットしておきます。スイッチは30分後に入れます。
カーテンを開け、昨夜ユークリーンの液につけおきした介護用のタオルを干し、フローリングをざっとワイパーでそうじします。その間に母の朝の経管栄養剤をお湯につけてあたためておきます。

6時になったら、うさぎにえさをやります。
電気圧力なべのスイッチをいれます。だいだい25分でご飯がたきあがります。このころムスメがまだ起きだしてこないときは声をかけます。
母の経管栄養を注入用のプラスチックバッグに移し、胃ろうからのチューブにつなぎます。だいたい400MLを1時間半から2時間で注入するように調整します。
朝のお味噌汁を作りながら、お弁当を用意します。6時半過ぎにNHKのニュースを入れて、天気予報とニュースをチェックします。

7時ちょっと前くらいに朝ごはんをいただき始めます。10分くらいで食べ終わります。
その日に出すゴミの準備をしてから7時20分にムスメをバス停まで送っていきます。その後ゴミを出し、新聞をとって自宅に戻ります。PCのメールチェックをして、8時にシャワーを浴びます。これもアーユルヴェーダの健康法。

8時15分からの朝ドラをみながら、栄養注入が終わった母に薬をいれます。また、痰の吸引もします。(母は気管切開をしてます)洗濯機をスタートさせます。
部屋を整えながら、朝のケアの準備をします。吸引セットを整える。消毒綿を作る。うさぎを隣の部屋に隔離する。などなど。

9時にヘルパーさんがきます。口腔ケアをしてもらっている間、キッチンを片付けたり、そうじが終わっていなかったところをしたりします。おむつ交換は一緒にします。9時半にヘルパーさんが帰ります。
洗濯物を干し、片付けを少しします。ここまで10時。

そしてコーヒーを入れてゆっくり新聞を読みます。

起きだしてから5時間、ぎっしりのように見えるかもしれませんが、とてもいいリズムで進んでいるかと...
もちろんいろいろとハプニングはありますので、いつもこのようにいくとは限りません。
でも、うまく流れたときの10時のコーヒーはとてもおいしいです。

ようやく朝が充実してきました。
昼、夜の流れも工夫していこうと思っています。

一日一日を大切に

| | コメント (0)

ごぶさたしてました(近況です)

12月中旬から母の在宅介護に入り、平均睡眠時間は4時間、
ソファーで眠るという生活を4週間続けました。

なんか、キャンプ生活みたいな感覚でした。
というか、難民キャンプで看護をしているかのような...

ごめんなさい
全くPCに触る気持ちの余裕がなかったです。
クリスマスも年賀状も完全にパスの年末年始でした

それでもしっかりと小田さんの「クリスマスの約束」は見ました。
感動しました。
「あぁ、やっぱり小田さんもがんばってた」うれしかったです。
そして年末はやはり「紅白」と「さだまさし」でした。

1月中旬、母が一週間のショートステイに行って、ようやく息をつきました。
送りだした日は、ただただ爆睡。
あとはたまった用事を済ませたり、娘たちと買い物にでかけたり...
それと、どうしても行きたかった大宰府に行ってきました。
(このことはまたアップします)

1月20日からのセカンド・クールは
私自身にも気持ちの余裕ができ、
隣室のベッドで睡眠をとれるようになりましたが、
それでもからだの疲れがたまり、1月31日にめずらしく発熱してしまいました。
日頃からクスリはできるだけ飲まないので、
時間が空いたらとにかく安静にすることと、中国茶のがぶのみで熱を下げました。

からだのシステムが滞っているようのだと感じました。
特に腎臓の機能が落ちているようでした。
つまり、からだに毒がたまっていたわけです。

2月中旬のOFF(母のショートステイ)に、アーユルヴェーダに基づいた健康法の本を買い、
できることから実践しています。

ホ・オポノポノでメモリーのクリーニングはしてましたが、
からだのほうは出遅れてしまってました。

スピリット・マインド・ボディ
この3つのバランスが大事

「もし肉体をおろそかにしていたら、
スピリットやマインドがいかに高くても肉体の弱さにとらわれてしまう」

「地球交響曲」でラインホルト・メスナーも語ってました
そのとおりですね

そして体調がよくなってきたと感じ始めた21日、
同級生の訃報が飛び込んできました
47歳、単身赴任先での突然死でした

それからずっとそのことについてクリーニングを続けています

ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてください
あいしてます

悲しみの波は繰り返し押し寄せますが、
少しずつ何かがとけていっている、そんな気がしています

みなさまもお気をつけて


| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年3月 »