« いろいろな日 | トップページ | 虚空の音コンサート »

やさしい時間

7月6日(火)

 母は今日からレスパイト入院。ショートステイのときよりゆっくりめのお迎えだった。入院するI病院へは高速道路を使って自宅から25キロの道のり。30分ほどで到着した。以前母がリハビリで入院したこともある病院だ。病院の中はとても落ち着いた、静謐な空間である。看護師さんたちはてきぱきと動く。これで安心。
 午後2時ごろ帰宅。チェックを兼ねて届いた上映用CDを見る。
 夕方からムスメと買い物へ。夜は眠気と闘いながら上映会の準備をする。が、進まず。なんとかなるさと寝ることにする。これでいいのだ。

7月7日(水)

 いよいよ上映会。朝、5時過ぎにはっと目がさめる。テレビをつけるとちょうどスペインがドイツに勝利する瞬間だった。8時半ぎりぎりまで準備をして、会場のあるオアシスへ向かう。BGMはRAD WIMPSの「七ノ歌(なのか)」わくわく感が高まった。
 一日で4回上映。これは最高記録かも。朝、昼、夕方の3回はゆったりとした上映となった。夜は満席。次に向けてのエネルギーがわいてきた。
 最後まで片付けを手伝ってくれた緒方在住の知人とスールヤへカレーを食べに行く。そういえば、長屋さんのコンサートの後もスールヤで食べたっけ。とてもおいしく、リラックスできる空間だ。話は盛り上がり、緒方町で次回の上映&長屋さんのコンサートになりそうだ。すごいすごい。
 
7月8日(木)

 午前中は事務関係の整理をしながら過ごす。お金やメモやメール...できることからひとつずつ。午後、猛烈な眠気がやってくる。あいかわらず仮眠のパターンは変わらない。3時過ぎに母を迎えに賀来へ。入院のときに熱が出ていたが、下がったようで何より。スムーズに退院。
 夜、専門学校生の長女が実習のためにやってくる。9日から友人の経営するレストランアダージョで研修なのだ。これまた「地球交響曲」のご縁のところ。ありがたい、ありがたい。次女がお留守番をしてくれるというので、二人でアダージョへご挨拶をかねて食事に行く。ほんとにおいしかった。昨日、今日と、食べ物に癒されていると実感する。初女さんを思い出し、「森のイスキアに行きたいね」と話した。

連日平和 POI ありがとう ごめんなさい ゆるしてください あいしてます

|

« いろいろな日 | トップページ | 虚空の音コンサート »

おうちホスピス日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろな日 | トップページ | 虚空の音コンサート »