おうちをホスピスにする

朝ドラ「つばさ」をほぼ毎日見ているのですが、今週のエピソードが「チャレンジ」というテーマ。(なんか「チェンジ」の次は「チャレンジ」が流行りそう)

つきつめて考えれば毎日がチャレンジなのだけれども、私も何か宣言して、チャレンジしたくなってしまいました

と、いうわけで この秋のチャレンジは「自宅をホスピスにする」ということです

ホスピスというと、「癌患者の終末ケア施設」というイメージが強いのですが、もともとの語源はちょっと違います。

<ホスピスの由来> ホスピスとは、元々は中世ヨーロッパで、旅の巡礼者を宿泊させた小さな教会のことを指した。そうした旅人が、病や健康上の不調で旅立つことが出来なければ、そのままそこに置いて、ケアや看病をしたことから、看護収容施設全般をホスピスと呼ぶようになった。
教会で看護にあたる聖職者の無私の献身と歓待をホスピタリティ (hospitality) と呼び、そこから今日の病院を指すホスピタル (hospital) の語がでた。歴史的には、ホスピタルもホスピス同様に、病院だけでなく、孤児院、老人ホーム、行き倒れの収容施設なども指した。
                     ウィキペディアより

今のホスピスという言葉は死に結びつくイメージが強いような気がします。だから、語源の意味をしっかり覚えておきたいなと思います。

まずは今、病院で療養している母にとってのホスピスです

8年前、ALSの父を看取ったとき、ある意味自宅がホスピスとなったわけです。母にとって残された時間がどのくらいかはわかりませんが、間に合うなら自宅に帰して、一緒に過ごしたいと思っています。

こんな風に考えてしまうのは、やはり医療施設での限界をこれまで見てきてしまっているからなんですね。今お世話になっているところも、ひとりひとりのスタッフの方はとてもよい方なのですが、まだシステムがちゃんとなっていないのです。ですから、そのことが患者の生活のクオリティの低さにあらわれてしまいます。
傲慢に聞こえるかもしれませんが、まだ自宅の方が母にとってより良い生活(医療も含めて総合的に)ができると判断しました

あとは間に合うか、それにかかってます

それと、大事なのは私自身がその過程を楽しむことです終末ケアに「楽しむ」なんて言葉は不似合いだと思われるかもしれませんが、その瞬間を楽しく感じていないといい仕事はできません。(少なくとも私の場合は)

と、いうわけでいかに自宅をホスピスに進化させていくか、この日記につづりながら、楽しんでいきたいと思ってます

なんかわくわくが出てきました。いい兆候ですね

| | コメント (0)

和の時間を楽しみました

 土曜日のことですが、出逢い工房 竹山さんが開催した水玉カフェに出かけました。竹山さんに行くのも久しぶりでした。おいしいものをたくさんいただき、木版更紗体験など、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
(水玉カフェとはこちら

 ここ数年、和のものにとっても魅かれるようになりました。40を過ぎてようやく良さがわかるようになったのかもしれません。
 日常生活では英語のフィールドで過ごすことが多いので、どうしても「欧米化」してしまうようです。だからこそ積極的に出かけて日本古来のものに触れるように心がけています。

 娘の高校の入学式では一念発起(!)着物を着ましたが、着物姿は私ひとりだけだったのでちょっと浮いてしまったようなcoldsweats01それでもめげずに着物を着る機会をもっと増やしたいなぁと思っています。それと、当面の目標は自分で着れるようになることですね。

 着物が日常になるように、少しずつ学んでいきたいですshine


| | コメント (0)

成功とは...

「成功とは好きなことを仕事にすること」

これはデザイナーのマーク・ジェイコブズがドキュメンタリーの中で語っていた言葉。
思わず「うん、うん」とうなずいてしまいました。

| | コメント (0)

さえずってます

二つ前の記事でご紹介したtwitterにはまってます。
何といっても「無理なくつながっていく」というのがとても面白いのです。

Paul Simonを発見してフォローし始めたのをきっかけに、
東京在住の外国人ブロガーの方々を知り、
二人のGeorge(ルーカスとクルーニー)、二人のTom(ハンクスとクルーズ)といったセレブも見つけ、
日本にいても世界とつながれる面白さを満喫しています。

英語と日本語両方で書いてますが、短い文章というのも気が楽ですね。
読むのにも時間がかからないし、拘束されない感覚がいいです。

これから「地球交響曲」でつながってきた方を少しずつ誘っていこうと思います。
ご興味のある方はこちらから登録してみてください。 http://twitter.com/Junko_T


| | コメント (0)

「食客」

 料理の出てくる番組大好きです。
 
 NHKの「きょうの料理」のようなオーソドックスな料理番組もちろんですが、1年前はジェイミー・オリバーにぞっこんはまりました。料理を通して世界を良いものにしていこうという彼の熱意には心底感動し、たくさんエネルギーをもらいました。
 それとビル・グレンジャーのシンプルな料理も大好きです。彼の誠実さがそのまま表れたお料理、いつか七里ガ浜に食べに行きたいと願っているところです。

 そして、今はまっているのが韓国料理のドラマ、WOWOWで2月から放映が始まった「食客」です。韓流ドラマはこれまで避けていたところがあったのですが、ちらっと見てしまったのが運の尽き(ツキ?)、バラエティに富んだ食材、熱気あふれる厨房シーン、個性あふれる料理にすっかり魅せられてしまったのです。私自身、英語畑出身なのでこれまでは欧米に傾倒していたのですが、「韓国も良いかも...」なんて思い始めています。ドラマの展開も面白く、若手役者も魅力的。平均的な日本のドラマよりしっかり作られているように感じました。

 本当に料理には作っている人の人柄が表れます。残りの人生、あと何回料理を作れるでしょう?「食客」を見て料理人の心意気を熱く感じながら、「私もまた料理にがんばらなきゃ」と思ったのでした。

| | コメント (0)

光を感じる

 朝日に照らされた市街、遠くの方がぼんやりとしています。昨日から黄砂が飛来しているそうです。もうそんな季節になったんですね。 

 9日は七十二候で「黄鶯睍睆(こうおうけんかんす)」、14日は「魚上水(うおこおりにのぼる)」
 黄鶯(うぐいす)の初音が聞こえてきたり、暖かくなった水の中に魚の姿が見えてきたりと、生きものたちの活動にも春の訪れを感じさせるころです。
 
 先日、長野から帰省中の知人と会ったのですが、そのときの彼女の言葉
 「冬があるから春のおとずれがうれしい」

 思わずうなずきました。佐藤初女さんも「地球交響曲第二番」の中で、同じ内容のことを語られています。

 一年中快適な場所での暮らしを否定するわけではありませんが、やはり変化が無いことには停滞感を感じます。
 日本の変化に富んだ気候が、そこに住む人々の生活にあるときは穏やかに、あるときは激しく影響を与え、人々の生活様式、言葉など、つまり日本の文化を生んで育んだわけです。日本各地にあるおいしいもの、素晴らしいまつり、個性的な方言、伝統工芸。どれも長い年月を経て磨かれてきたものばかりです。

 本当の豊かさとは、変化を柔軟に受け止めてそれにせいいっぱい対応していく、その姿勢から生まれてくるものなんだと感じました。

 そして今、いろんな意味で苦しい時代だからこそ、また新しく何かを生み出すチャンスなのかもしれません。そう考えると、今の状況は「問題」ではなく、この時代に生きる私たちへの「課題」なのだと受け止められます。

 「夜明け前が一番暗い」といいます。英語でも同じ表現があります。
 “Night is darkest before the dawn.”映画「ダークナイト」の中にも使われていました。

 春の訪れに希望の光が重なって感じられた朝でした。
 

| | コメント (0)

東風解凍(とうふうこおりをとく)

 今日は七十二候の「東風解凍(とうふうこおりをとく)」、春風に氷が解け始めるころ。
 
 少しずつ春の気配が感じられるようになりました。窓から遠くに見える梅の木の林、その中の数本がなんとなく色づいてきているような...今度近くまで見に行ってみようかな...

Dscn0363

  写真は2年前に訪れた太宰府天満宮の飛梅です。ちょうど訪れた2月25日は菅原道真候の命日で、お祭りが行われていました。そのときは佐藤初女さんの講演会でした。2月8日、龍村仁監督講演会に参加する予定ですが、太宰府天満宮にも寄ってお参りする予定です。飛梅に再会できるのが楽しみです。

| | コメント (0)

歳時記カレンダー

 我が家のリビングでは「歳時記カレンダー」を使っています。旧暦、二十四節気、七十二候や季節の句や歌、月のかたちまで載っていると言うスグレモノで、4年前に見つけたものです。

 日本の季節の言葉なんてなかなかじっくり学ぶ機会がありませんが、カレンダーになっていたら目にしているうちに少しずつ読んでいくだろうというのが買い始めた動機でした。1年買いそびれた年もありましたが、3回目となるとだんだん言葉が馴染んできたような気がします。

 ちなみに1月の二十四節気は5日小寒と20日大寒、七十二候は6日芹乃栄(せりすなわちさかう)、10日水泉動(すいせんうごく)、15日雉始庫雊(ちはじめてなく)、21日款冬華(かんとうはなさく)、25日水沢腹堅(すいたくふくけん)、30日鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす)。

 それにしても昔の人は自然を語る豊かな言葉を持っていたんだなぁと感じいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひらがなスタイル(2)

「ひらがなでくらす」っていうのがひらいめいてから、
具体的にはどんなことだろうって考え始めたのです

が、

でも、まずは「考えない」で、「感じる」ことだと浮かんできました

今の自分を感じる
朝の静けさ、空気のやわらかさを感じる
室内のグリーンとお話ししてみる

今日は家のおそうじをしよう、
朝ごはんにスープをつくろう
ハガキを書こう

やわらかなわくわくが満ちてきて、
「あぁ、こんな感じ」としか書けないけど

世界がこの感覚で満ちたらいいなぁと

不思議な新月の朝ですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひらがなスタイル

「ひらがなでくらそう」

と、思ってしまったわけです。
思いついてしまった、というほうが近いでしょう。

やさしく、やわらかく、
でもしっかり、シンプルに生きていきたいという気持ちです

実際の生活では漢字も英語もたくさん使いますけど、
自分自身はひらがなでいたいと

それでかもしれませんが、
このごろPC上では名前をひらがなでうってます

ひとりでこっそり笑ってしまってます
あいかわらずヘンなこと思いつくねぇって

でも、気にいってます


| | コメント (0) | トラックバック (0)